注文住宅が完成するまでに必要な期間

注文住宅が完成するまでに必要な期間

注文住宅は、契約してから工事が開始されるので、完成済みの住宅を購入する建売住宅と比べて入居までに時間がかかります。
どの程度の期間がかかるかはケースバイケースですが、一般的には情報収集から完成までに8~15か月程度必要です。
注文住宅を建てる場合、情報収集・予算設定、ハウスメーカーや工務店選び・土地探し・住宅ローン事前申請、住宅会社と契約・住宅ローン本申請、着工、完成、引き渡しといった流れで進んでいきます。
それぞれの工程に要する期間の目安は、情報収集や予算設定が1~3か月ほど、ハウスメーカーや工務店選び・土地探し・住宅ローン事前申請が3~6か月ほど、住宅会社との契約・住宅ローンの本申請が2~6か月ほど、着工から完成までが3~6か月ほど、完成から引き渡しまでが1か月ほどです。
なお、完成までの必要期間は様々な要因によって変動します。
例えば、土地を所有していたり設計にこだわらなかったりすれば、8か月以内での完成も可能でしょう。
一方で、土地探しやプラン設計にこだわった場合は2年近くの時間がかかる場合もあります。

注文住宅の施工会社の選び方に関することについて

注文住宅は多くの人の憧れの住まいです。
それはフルオーダーな住まいであるために、一切の妥協がなく理想的な住まいを実現することができるからです。
しかし建売よりもはるかに高額な住まいであるのは確かです。
なぜなら土地選びに始まり、建築士や施工会社の選定、間取りや外観デザインなどすべてに携わるので、こだわりの強さに比例して値段は跳ね上がっていくんです。
また注文住宅建築には施工会社選びも大変です。
星の数ほどあるハウスメーカーや建設会社、工務店からどこを選べばいいのかわからずに困惑してしまうことも珍しくありません。
施工会社の選び方で有効なのは、まずはモデルハウスや住宅展示場など数多く見学し、自分の価値観や感性に合った施工会社を選定することが大事です。
さらに自由度があって融通がきき、アフターケアも万全であるような施工会社を選びましょう。
手掛かりとして比較サイトや口コミ評価を参考にするのも一つであるのです。

に関する情報サイト
初めての注文住宅

誰もが憧れる注文住宅を建てるためには、さまざまな行程を経る必要があります。漠然とマイホームを持ちたいと考えていても、行動しなければどうしようもありません。そこでどのような流れで家を建てれば良いのかを知りたい方もいらっしゃるでしょう。このコラムでは購入までの流れを簡単に説明し、新しく家を購入しようと考えている人にとって、少しでも役に立てる内容に出来るようにしています。興味のある方は是非ご覧ください。

Search