注文住宅の予算の決め方とかかってくる費用

注文住宅の予算の決め方とかかってくる費用

注文住宅の予算の決め方とかかってくる費用はいくらか知りたいという人は、できるだけ参考になるように紹介していきます。
では注文住宅の平均購入費用はどれほどなのか、あくまで首都圏や東海圏の参考にはなりますが、土地なしで4000万円くらいだといわれています。
全国平均ではかろうじて4000万円を切る程度で、とても高いのが気になります。
土地がある場合で、全国平均の場合は、3300万円くらいで購入している人が多いようです。
ただしこれはあくまで参考で、一千万円の注文住宅を購入している人もいます。
外観の特徴は無駄を省いては箱状が多い印象です。
窓の材料を節約しているために、窓も少なめです。
内装は大部分をシンプルな白一色にすることで、金額を抑えているイメージです。
キッチンや浴室の設備もグレードによって変わるので、予算を削減するならば抑えることも可能といえます。
間取りは2LDKなどが多いようです。
子だくさんには厳しいかもしれません。

注文住宅は住宅ローンのシミュレーションをしよう

注文住宅は多くの人が憧れている住まいなんです。
それは自由度が高く、土地選びに始まり間取りや外観デザインなど全てにおいて施主が携われ、自分の希望を具現化できるからです。
しかし建売住宅とは異なり、オールカスタムな住まいであるためこだわりが強くなってその費用も高くなっていきます。
建売住宅よりも1.5倍以上の建築コストが借るともいわれているので、緻密な住宅ローンを組んで返済計画などのシミュレーションも必要になるんです。
無理なローン返済をしてしまうと、万が一けがや病気で働けなくなったときに返済が滞って競売にかけられてしまうこともあります。
こうした最悪のパターンも想定しつつ、給与やボーナス、家計費をクリアにしファイナンシャルプランナーなどに相談してから注文住宅を購入することも大事です。
すべてにおいて希望を叶えたい注文住宅ですが、自分でDIY出来るところなどは自分で行い、コストカットが可能な場所のピックアップも大事です。

に関する情報サイト
初めての注文住宅

誰もが憧れる注文住宅を建てるためには、さまざまな行程を経る必要があります。漠然とマイホームを持ちたいと考えていても、行動しなければどうしようもありません。そこでどのような流れで家を建てれば良いのかを知りたい方もいらっしゃるでしょう。このコラムでは購入までの流れを簡単に説明し、新しく家を購入しようと考えている人にとって、少しでも役に立てる内容に出来るようにしています。興味のある方は是非ご覧ください。

Search